上司に求められるコミュニケーション能力

上司に求められるコミュニケーション能力

間もなく元号が変わり、私たちに新しい時代が訪れます。
人々の心も少しずつ変化し、リーダーに求められるコミュニケーション能力も変わって行きます。
 
昭和の時代の上司は、ふんぞりかえっていて、部下が挨拶をして来るのを待っていればよかった。
彼らにコミュニケーション能力など不要でした。
 
でも新しい時代のリーダーは、自分から部下に挨拶できる人が成功するでしょう。
それは部下におもねることではありません。
 
自分から挨拶をする、自分からコミュニケーションするということは、部下を積極的に見るということになります。
 
すると、部下の日ごとの変化、微妙な違いに気づくことができるようになります。
 
「おはよう」と言って、いつも機嫌よく「おはようございます」と返事してくれる部下の顔色が今日は冴えない。
 
自分にアイコンタクトをして来ない。
話しかけても目をそらす。
おかしいぞと思えば、こりゃ何かあるなと素早く感じ取ることができます。
 
要観察のマークをつけて、その部下を気にしつつ仕事をする。
他のメンバーとも、いつものコミュニケーションではない。
 
次の日にも、またその次の日にもいつもと違うものを感じ続けたら、ちょっと声をかけてみる。
 
「今ちょっと、時間もらってもいい?」
 
部下から見ると、自分をよく見てくれている、よくわかってくれている。そして声をかけてくれる。
 
こんなコミュニケーション能力あふれる上司の下で働けるメンバーは幸せです。
 
部下を温かな目で見る余裕。
メガネが変わった、今日から秋服になった、ネクタイのセンスが変わった・・・
ここまで部下を見てこそ、初めて部下を管理することができます。
 
「見る」ってコミュニケーション能力の原点と言えるでしょう。
 
 

まとめ

管理職になったら、部下をよく見ること。
挨拶も自分から行い、部下の日ごとの変化に気づけるように意識すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です